新着情報

News and information

外出練習、障害のある長老たちは寝たきりにノーと言う

发布日期 : 2020-03-25    预览次数 : 2587

治療師を通じて年長者の現存能力を評価できます。ベッドに横になっても生活を通して保護と補助具を使って、寝床時間を減らして、オムツを24時間パックしなくてもいいです。オムツもできますし、トイレのようにベッドから離れています。思い付きました。どうすればいいですか?


年長者がエネルギーを失って、長期にわたりベッドに横になる時、寝返りを打って背中をたたくことができて、体は清潔にしておよび排泄などを処理してすべて配慮者の毎日の定例の仕事のプロジェクトになって、特におむつのこの仕事を交換して、市のおむつの種類と機能を詳しく述べませんが、もしおむつを交換するたびに、協力しない年長者に出会ったら、よく世話をする人の心身にすべて疲れさせます。年長者も老後の尊厳を失い、生活の駆動力を失うことになる。


いわゆるセラピストの機能とは、生活を指し、セラピストが年長者の身体の現存能力に従って、リハビリ技術を世話者に教え、年長者が家で練習を続ける能力を高め、身体機能を向上させることが、能力を喪失した者が自主的な生活能力を回復する鍵であると同時に、介護者に十分な休息を与えることができるというものです。


おむつを补助するのは生活自立のためです。


関係筋群を練習し続けるほか、失禁の悪化速度を遅らせることができます。捨て式高吸収パンツと関連生活補助具を使って、年長者の尊厳と生活運動エネルギーを維持します。


【家族Aの状況説明】毎日床についています。20時間の失智症の母はおむつをしたくないです。


【共同で介護目標を立てる】母がまだ「自分の寝返りの能力」を持っていることを発見したので、ママの頻尿と体力の問題を解決することを優先します。


まず飲料水の周波数を減らして、飲用水の量を制限しないで、また時間の定量を決めて、トイレの時間を予測できなくて、おむつを交換する必要もないです。


また、ベッドの上を誘導して起床し、起床時間を減らし、徐々に母の着席時間を増やしてから、基礎体力を維持するための練習を行います。



ただし、王志元効果セラピストは練習で起きる注意事項を補充します:「長く寝ている年長者は座っていると、最初は『姿勢性低血圧』にめまいが起こる恐れがあるので、座っている角度と時間は徐々に増えていきます。また、年長者の顔色が白く、血圧が下がり、めまい、脈拍が速くなる状況を観察します。



自習で自我を回復する


介护を歪んだ大人にならないように、できるだけ自分でできるようにするのが复能の原则です。王志元はセラピストの自己能力を発揮する四つのコツを調整します。


特にベッドからトイレのように離れることができます。年長者の尊厳を守るだけでなく、介護者の負担を減らすことができます。



寝床時間を下げる:普通の人は一週間寝ています。筋肉機能は12-15%少ないです。特に立っている時や座っている時に使う抗地心筋肉は流失します。間接的に体の機能が全面的に退化し、消化システム、神経系(認知能力)などが含まれています。


座っての耐久性を増加します。横になる練習をする時は、姿勢性低血圧に注意して、姿勢変化の補助具をよく使います。電動ベッド、姿勢転換型車椅子、代替式車椅子などを含み、介護者の移動位置過程で安全に省けます。


体の活動量と筋肉群の持久力を増加します。三人目に見て、起立してから着席して順を追って漸進的に練習して、多筋肉群が収縮する高強度疲労を誘発します。


上一条 返回目录